兵庫県南東部の住宅地|工事でより大きな一戸建てを実現できるメリット

工事でより大きな一戸建てを実現できるメリット

兵庫県南東部の住宅地

積み木

駅周辺は生活至便

兵庫県川西市の中心部は、JR川西池田駅と阪急川西能勢口駅のある南部エリアです。川西能勢口駅からは能勢電鉄が北に向かって伸び、それに沿って大規模なニュータウンが開発されています。北部は山林の多い観光地であると同時に、自然環境が豊かで新築一戸建ての多い住宅地でもあります。駅から南方面には製造業などの工場も見られます。川西能勢口駅の周辺は、多数の商業施設や公共施設が整備され、市外からも買物客が集まってくる賑やかなエリアです。大阪市内までは鉄道で20分しかからず、通勤にも便利です。そのわりに地価は1坪あたり50万円程度とリーズナブルで、30坪の新築一戸建てでも3000万円台で購入できるため人気があります。

緑豊かなニュータウン

川西市北部のニュータウンは、幅の広い道路と整然とした街並みが特徴で、緑豊かな環境が整えられてます。近辺には生活施設や医療施設も建設され、利便性の高さから子育て世代にも注目されています。平地が少ないかわりに日当たりが良いのも特徴と言えます。このエリアなら坪単価が20万円台で収まることも多く、同じ価格で敷地面積の広い新築一戸建てを手に入れることができます。川西市では価格が2000万円台の新築一戸建てが最もよく売れています。能勢電鉄の徒歩圏内では土地面積が30坪程度の物件が多く、駅から離れるほど坪単価が安くなり、60坪以上の物件も多く見かけます。予算のほかに通勤や買物の便を考えて、ニーズに合った物件を選ぶと良いでしょう。新築一戸建てを購入する際には、一から建築するのか、はたまた分譲タイプを選ぶのかで予算に差が出てきます。一般的に注文住宅の方が分譲住宅よりも高値になりますが、建築資材などを工夫することでコストを抑えることも可能ですので、どちらが良いのか家族でじっくりと話し合いを重ねることが大切です。